\だすがさきぶろぐ/

ミニマリストを目指して5年。ないならないで、なんとかなるし、どうにかなる。でも昔の自分も許せます。

【手のひらのポテンシャルを感じる今日この頃】すぐ取り入れたいカンタンすぎる開運行動!家族を見送る時に「いってらっしゃい」とセットで。

こんにちは!ミニマリストのつづらです。

 

f:id:jyokigen22ra:20190601152710j:plain

今日のランチは、月に2~3回は行くカフェに、夫婦2人で行って来ました。

 

 

先週の土曜日にも行ってますが、月ごとにランチのメニューが変わるので、毎月の初めて行く日のランチは特に楽しみなんです。(今日から6月~!)

 

 

1年以上通ってますので、最近は夫婦でメニューの予想をしたり。しかし、いつも想像以上のものが出てきます、ありがたいです。

 

 

運んでくれる際に、メニューの説明を1品1品してくれます。それが、お客さんを大切にしてくれているなぁと、嬉しくなる瞬間です。

 

 

今日もおいしかったです。

 

 見かけるとつい買って帰る、紅茶の米粉クッキー、やさしい甘さで好きです。

f:id:jyokigen22ra:20190601152718j:plain

 

 

店内に赤ちゃんが3人いて、そのうちの1人が泣き出しました。私には子どもがいないですし、大人2人だけの暮らしなので、正直赤ちゃんの泣き声は、慣れてないです。

 

でも、ある本に、「赤ちゃんの泣き声は魔除けである」というようなことが書いてあったので、そのように捉えさせてもらってます。がんばって泣いてくれてるんだなぁと思います。

 

 

 

その本を読んで、取り入れたことがたくさんあります。著者の方に感謝です。それが、こちらです。

 

 

すぐ取り入れたカンタンすぎる開運行動

 

 いきなり手(笑)

f:id:jyokigen22ra:20190601152726j:plain

\背中をさするようになった/

 

朝、主人を起こしに行って、背中をさすってます。この時は、服の上からではなく、素肌がいいと思います。背中って自分ではなかなか手が届きにくいところ。その背中をさするのがいいらしいです。

 

 

気持ちいいらしく、おとなしく背中を差し出す主人。さすっていると、自分もパワーをもらえる気がしますので、お互いにいい効果があるのかも。

 

 

今日1日の無事を祈りながらさすっていると、自分の手のひらから、その思いがしっかり出ているような気がしてます。

 

 

「手のひら、スゴイ!」と。そういえば、「手当て」って言いますもんね。激しく納得です。

 

 

何か開運グッズを使って・・ではないところも、ミニマリストとしては、嬉しいポイント。

 

 \お見送りでも、手のひら、大活躍!/

 

 

朝、背中をさすられた主人は、家を出る時も、私に背中をさすられます。

「いってらっしゃい」の声かけとセットです。

 

 

本によると、母が子どもに言った「いってらっしゃい」の言葉で、とても不思議な力が働き、子どもが事故にあわずに済んだお話もありました。

 

 

その親子は出掛ける直前までケンカしていたそう。。でも、「いってらっしゃい」と声をかけた母親。

 

 

深い愛情を感じる話でした。同時に、「いってらっしゃい」の言葉のパワーを感じました。

 

 

その子どもさんに起きた事を、「いってらっしゃい」に紐付けた著者の方もスゴイですね。

 

 

「いってらっしゃい」は、安全に、そして元気で過し、帰ってきてほしいという思いがこもった言葉

引用元:言霊 「行ってらっしゃい」: 神道へのいざないブログ

 

 

 先日、ごみを送り出す記事を書きました。こちらです。

 

www.xn--v8jcjss5b2k8g.com

 

いつも、ごみ袋に手を当て、お礼を言ってから送り出すようにしてます。

 

 

この時も手のひらが熱くなる気がしてます。ごみは元々は、暮らしを豊かにするために我が家に訪れた愛すべき相棒たちです。(不要なチラシ等も、時にはありますが。それも、何かのご縁ですし。)

 

 

 

\職場でも、実践してます。(背中はさすりませんよ。)/

 

仕事で、私は会社から外出はしませんが、他の方は出入りがあります。

 

誰も、出ていくスタッフに「いってらっしゃい」を言ってなく、ほぼ無視。。(どんな職場(笑))

 

 

私も新人だったので、今までは、遠慮して会釈くらいにしていたのですが、相手を守りたいと、すぐ実行!1人で、「いってらっしゃい」を言ってます。他の人がつられて言うことはありませんが。

 

 

「おかえりなさい」も1人で言ってます。気持ちいい言葉が行き交う職場にしたいです。

 

 

 

それでは、また~!