\だすがさきぶろぐ/

ミニマリストを目指して5年。ないならないで、なんとかなるし、どうにかなる。でも昔の自分も許せます。

【宙に病-ちゅうにびょう-とは?】もし、家中のすべてのものが宙に浮いてたら、掃除がラクすぎる!朝のちょっとした出来事。

こんにちは!ミニマリストのつづらです。

 

f:id:jyokigen22ra:20190603110651j:plain

 

今朝は、びっくりしたことが、2つあり、面白かったです。

 

1つは、早朝5時すぎに、間違い電話がかかってきたことです。

 

すぐに切れましたが、普段でも、こんな時間に電話はかかってこないのに。。なかなか面白い出来事です。

 

もう1つは、キッチン水栓のハンドル本体から伸びているパイプ(浄水カートリッジが入っている細長い部分)の裏に小さめですが、ガ(!)が潜んでいたらしく、除菌スプレーを噴いて、拭き掃除をしようとしたら急にパタパタと現れたのです!

 

え?!登場遅くない?

 

というのも、それまで散々、手を洗ったり、食器を洗ったりしてたんです。とっくに人の気配や、水しぶきは飛んでるはず。それくらいは、平気だったんでしょうか。

 

あとで、主人にビニール袋でキャッチしてもらい、私が外へ逃がしました。

 

こんな日常ですが、今日もジョーキゲンで過ごします。

 

 

\【宙に病】とは?/

 

私は、もう何年も【宙に病】を患ってます。(笑)

 

とにかく、何でも宙に浮かそうとします。ミニマリストはものごとへの執着が少ないかと思いますが、私の宙に浮かすことへの執着は、スゴイです。

 

おうちの中を見渡してみてください。

 

もし、家中のすべてのものが、宙に浮いてたら、掃除がラクすぎませんか?

 

 

私は掃除をラクにしたくて必死なんです。(笑)

その結果【宙に病】になってしまいました。これは、中二病と違い、一過性のものではありません。一生続くでしょう。

 

この家に引っ越してきた時に、空っぽのそのままの状態で室内の写真を撮ったんですが、先日主人がその写真を見て、ひと言。

 

 

「今とあんまり変わってないなぁ」

 

嬉しかったです。褒め言葉です。いえ、ものは最低限ですが、あります。でも、床面積がもので隠れてないから、広く見えるんです。

 

床にものが転がってないごみ屋敷なんてありません。

 

最初は部屋の隅の方からものが積まれ、どんどん床を侵食していきます。

 

もので山積みになり、床から数十cmくらいの高さで生活している方をテレビで見たことがあります。やはり床からなんですね。頭上から、天井からものが増えるとか、聞いたことないです。

 

風水的にも、床面積がよく見えていると、経済的にいいと聞いたことがあります。

 

お掃除ロボットもスイスイですね。我が家は持ってませんが。

 

 

 \まとめ/

 

100円ショップやサイトなどを見ていても、吊るす収納やひっかけ収納のアイテムが増え、人気ワードになっているような気がします。

 

そもそも、1番いいのは、ものを持たないことと思ってますが、必要なものであれば、収納方法を考えていかなくてはいけません。

 

可能な限り、宙に浮かせば、お掃除はラクラクです。運気もアップ!と信じて、これからも浮かせることに邁進します。掃除ラクですから~!!

 

 

それでは、また~!