\だすがさきぶろぐ/

ミニマリストを目指して5年。ないならないで、なんとかなるし、どうにかなる。でも昔の自分も許せます。

【2019夏・冷やし食器はじめました(覚悟の通年メニュー予定)】食べ物だけじゃない、冷蔵庫を色々使っちゃえ~!食器棚と違う点は「冷える」ことくらい。〇〇も引き受けてくれる、冷蔵庫の懐の深さたるや・・。

こんにちは!ミニマリストのつづらです。

f:id:jyokigen22ra:20190818153728p:plain

 

今年、

冷やし中華を

いただいたのは

今のところ

1回です。

 

 

近所の

中華料理屋さんで。

 

 

このお店は

鶏のから揚げと

麻婆天津飯が

特に

お気に入りです。

 

 

 

**********************

 

 

 

そして、

我が家も

冷やし食器はじめました!

 

 

食の引き算で

何年も前から

冷蔵庫は

スカスカに。

 

 

いつからか

食器を

冷蔵庫に

収納したい!と

思うようになり、

滅多に

使わない

どんぶりを

入れたのが

始まりです。

 

 

当時、

どんぶり

入れられており、

(しかも、立てた状態)

今思えば

なんだか

気の毒な気が・・。

寒かっただろうな、ごめんよー。

 

 

ちなみに、

現在は

キッチンの

吊戸棚へ。

 

 

他に

入れるものが

ないので、

ゆったりと。

 

 

余裕があるので、

どんぶりを

重ねなくて

いいのも

取り出しやすくて

ぐぅ!です。

食器同士のこすりキズ等の心配もありません。

f:id:jyokigen22ra:20190710191412j:plain

 

 

話は

戻りますが、

使った食器を

洗ったら、

冷蔵庫上の

カゴ↓に

ヒョイと入れ、

自然乾燥です。

f:id:jyokigen22ra:20190816232244j:plain

もし、急ぎで

水分を

拭き取る時は

キッチンペーパーを

使います。

 

 

 

乾いたら

食器棚へ・・

とはならず、

冷蔵庫へ!

 

 

一番下と

ドア裏に

置いてます。 

f:id:jyokigen22ra:20190818161114j:plain

配置も適当に~。

特に定位置は

決めて

いません。

 

 

ビニール袋には

キャベツと

りんごが

入ってます。

 

 

食器と一緒に

ザワークラウトと

とうふも。

生活感たっぷりですね・・。

 

 

どんぶり以外の

全ての

食器(カトラリー)を

入れてます。

\カトラリーを置いているのは、セリアのワイヤーソープディッシュ。2つ並べて。/

f:id:jyokigen22ra:20190818161210j:plain

当たり前ですが

全てひ~んやり

f:id:jyokigen22ra:20190818161143j:plain

 お皿はこちら↑の1枚だけになりました。

 

 

この食器収納を

行動に

移し、

慣れるには、今。

f:id:jyokigen22ra:20190818161145j:plain

 

 

夏のうちに、

慣れておかないと

冬に

思い立っても

この

収納方法は

行動に

移せませんね。(笑)

 

 

冷えた食器は

その扱いにも

注意です。

温度差で割れないよう、気を配ります。

f:id:jyokigen22ra:20190818161022j:plain

 

 

主人は

ビールを

飲むのに、

グラスが

冷えていたので

喜んでました。

f:id:jyokigen22ra:20190818153347p:plain

まるで、

デキル奥さんの

ような扱いでした。(笑)

普段まともに料理していないので、デキル奥さんの基準が低い低い。

 

 

普段から

グラス類だけは

冷蔵庫で

冷やされている方も

いらっしゃると

思いますが、

我が家は

今まで

冷やして

いなかったので、

珍しかった模様。

 

 

 

そういえば、

冷凍庫に

生ごみを

入れて

捨てる時まで

保管する方法が

あるらしいですね。

 

 

食器から、

生ごみまで

冷蔵庫も

タイヘンだ・・。

 

 

我が家でも

他に、

ジェルタイプの

氷枕を2つと、

お弁当用保冷剤を

2つ入れて

ましたわ。

 

 

私は

隠さない収納や

丸見え収納が

好きですが、

「隠す・しまう」のも

いいもんです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それでは、また~!